技術情報

マルチマの安全性テクノロジーを携帯出来る大きさに結集させた「死亡率メーター」
その性能と精度は世界最高級を誇ります。興味のないヒトは次のページへ!

とばしまん


死亡率メーターは内部で膨大な量の情報を処理している。死亡率メーター搭載の各種センサーが本人の状態とまわりの状況を探知し、同時に衛星から送られてくる情報を処理、判断し誤差修正を常に行っている。これには従来の情報処理、コンピューター計算ではとても間に合わない。人間はかなりの情報量を同時に処理することができ、このような複雑タスク処理を単体で行えるのが死亡率メーターの核となっている、マルチマンエレクト開発の有機プロセッサ(HPU)である。HPUは人間の脳内の処理過程に近い思考回路を持っている。超高速演算装置(SMPU)がその絶対的な決定要素をHPUに渡し人間的な判断を下す。その答えをSMPUがさらに補っている。この方式により死亡率メーターは人間の不可解な行動をも理解、正確かつ冷静に判断できるのだ。

死亡率メーターの仕組み

死亡率メーター情報処理のコア=HPU(Humanize Processor Unit)人間の持つ心や精神を読みとり判断・命令出来る。一般のCPUは計算をせっせとこなすだけだが、HPU は自身でプログラミングを生成しそれを実行出来る。創造するCPU、いや、これはもはや生命である。

トリュフ440
マスタープロセッサー×1 マンティアム5HPU トリュフ440
人間でいう潜在意識、カンなどに近い働きをしていて最終的な決断をしているプロセッサー。トリュフ220より4〜64倍賢い(平均8倍)。雰囲気や殺気、精神力などもこのプロセッサーが分析する。寿命8〜12年 似ているがクリオネではない。
トリュフ220
スレーブプロセッサー×3 マンティアム3HPU トリュフ220
死亡率メーターの自因・他因・自然の各死亡要因に割り当てられていて処理・判断を行う。マスタープロセッサーとの連携が多く相性の良いトリュフシリーズが使用されている。寿命20〜40年

死亡率メーターMPU=従来のコンピューターと同じ原理でHPUと互いに誤差修正などの連携を果たす。

MPU maltiponential 600(マルチポネンシャル600)×16
単体で動作する現在最高スピードの演算処理装置でベクトル性能は200テラフロップス。 並列分散処理をしているので、死亡率メーター内では1.6ペタフロップスのスパコンが動いていると考えて良い。一辺の大きさは0.8ミリメートル。
マルチポネンシャル904

オニキシZ
超まじで?高速DISK オニキシZ(ultra「realy?」 fast disk ONIKISHI Z)
全方向高速超伝導回転ランダムアクセスにより、超まじで高速なデータ読み出し・書き込みが可能。初期データと蓄積されていくデータがDNA(Dinamic Nature Assyuku Compress)圧縮方式で記録されている。総容量8ペタバイト。

死亡率メーターの内部にはこのほかにも沢山のセンサー類、DSPチップなどがピコ単位で詰め込まれています。


人工衛星小学生1.2
一見仲の良い小学生兄弟に見えるが、死亡率メーターのGPS用のデータ、地上、空中で起きているあらゆるデータを収集する正真正銘の人工衛星。誤差は地上で数ミリ以内というそのフォルムからは想像出来ない超高精度を誇る。死亡率メーターのナビゲーターとしてマルチマン宇宙開発事業団が打ち上げた。SOLを4基搭載している。
人工衛星小学生1.2


以上、死亡率メーターに凝縮されたマルチマン最先端テクノロジーの一部を紹介したが、この他にもキミの住む町工場の技術が生かされていたり、職人魂が成しえるボディーのフォルムなど、掲載したいことはてんこもりなのだがここでは割愛する。なお死亡率メーターニューモデルに採用されるコアプロセッサーはマルチマニュースのページで紹介しているのでどうぞ。ニーナ1


PREVHOMENEXT